運動

朝一番の1分ストレッチー寝覚めが劇的によくなります!

13 views 


stretch2

leaf

あなたは目覚めがよいほうでしょうか?

なかなかベッドから出られない、目は開いているのに頭がボーっとしている、体が重い――。こんな症状が強いのは、眠っている間に体に老廃物が溜まっている証拠です。

無理やり体を起こそうとしてもフラフラするだけですから、ここで一分間、「体の換気」を行いましょう。

忙しい朝でも、たったの一分なら時間はとれますね。しかもその後がスッキリ爽快なら、得した気分にもなれるはずです。

犬や猫を飼っている方ならご存知でしょうが、動物は眠りから覚めた後、必ず前足と後ろ足を伸ばして大きく伸びをします。筋肉や関節を十分に伸ばして、全身にたっぷりと酸素を取り入れる。いわゆる“ストレッチ”を本能で行っているのです。

私たち人間にも、この朝のストレッチは効果があります。

筋肉や関節を伸ばすことで、頭がスッキリと目覚めますし、スムーズに活動できるようになります。

しかも血液の流れがよくなるので、お化粧のノリも違ってきます。また、食欲がわき、朝食をきちんととれるので、お通じもよくなります。

stretch1

たった一分のストレッチで、一日の始まりにこんなにも大きな差が出てくるのです。

では、実際にどんなストレッチを行えばいいのか紹介したいと思います。

まず、ベッドや布団に寝そべった状態のまま、仰向けになって大きく伸びをします。手のひらをなるべく上に、かかとをなるべく下に下げるように意識します。このとき、つま先を伸ばそうとすると脚に負担がかかりますので注意してください。

「うーん」と伸ばすのと同時に「ふーっ」とゆっくり息を吐きます。寝ている間に溜まった老廃物をすべて吐き出すイメージで。

これが換気のポーズです。

img_7137-3

●換気のポーズが終わったら、膝立ちで四つん這いになって、背中を丸め、背骨を引き上げるようなイメージでゆっくり背中を伸ばします。

●息を吐きながら顔を上げていくと同時に、左右の肩甲骨を引き寄せるように背中を反らせます。

●背骨がしっかりと伸びたら、腰を後ろに落として正座の状態になり、おでこを布団につけて、両手をゆっくりと前に滑らせていきます。前にググッと腕を伸ばしながら、細く長く息を吐きます。

いかがでしょうか。実際に行ってみて実感してみてください。効果テキメンだと思います。

-運動
-