筋トレ

将来のために筋肉を貯蓄しておきましょう!

47 views 


execize

leaf

筋肉が過去のトレーニングの刺激を覚えているという「マッスルメモリー」のメカニズムは、ぜひとも有効に活用したいものです。

人間の体はまず、足腰や体幹から衰えていくことが知られています。

70歳、80歳という高齢者になれば、人は誰でも足腰や体幹の筋肉が弱くなって、つまずきやすくなり、普通に歩いているだけで転倒の危険性をともなうようになっていきます。

将来、そういう状態になったときのことを想定すると(20代や30代の人はまだまだ先のことだと思われるでしょうが)、体が元気なうちになるべくたくさんの筋肉をつくっておくことが、いずれ大きな財産になると考えられます。

「マッスルメモリー」で、かつての筋肉の記憶を呼び起こすことができれば、「筋力がなくなったな」と感じてから筋トレをはじめても、筋力の回復は早いはずなのです。

ですから、腰痛や関節痛などもなく、筋肉を制限なく思いっきり動かせる若い時期に、なるべくいっぱい運動して、筋肉をいったんつくっておくということが大切になってきます。

将来のために筋肉を貯蓄しておく。そう考えれば、単調になりがちな筋トレもモチベーションが上がってくるでしょう。

mig

これは、なるべく若いうちにこしたことはないと思いますが、40代、50代になっても、無理のない範囲でしっかり運動して筋肉を作っておけば、いずれ「マッスルメモリー」が働く機会があると思います。

運動したくても、たとえば呼吸器に疾患があれば、筋肉を大きくすることも制限されてしまいます。また、元気がなければ、運動をする気にもなれないでしょう。

このことから、健康で元気な若い時にする筋肉トレーニングの重要性がわかっていただけると思います。

筋肉の“貯蓄”を作っておけば、数年後、数十年後の自分に感謝されるはずです。

-筋トレ