健康管理

冷え対策の食事法③ ~食材の選び方~

9 views 


rhythm

食材を選んで冷えない体になる

香辛料やホットドリンクのみならず、食材の中には、それだけで冷えを改善し、血行を良くしてくれる特徴を持つものがあります。

リセット期のメニューには、これらの食材を上手に組み入れていきましょう。

まず、一つ目は、「魚」や「肉類」「卵「大豆製品」などの良質なたんぱく質です。

体温を上げるためには、野菜ばかり食べていてはダメ。ときにしっかりとお肉を摂ることも必要なのです!

一食の目安としては、鮭一切れ、グリルチキン一枚など、<片手にのる大きさ>を意識すればよいでしょう。

二つ目は、「ひじき」や「こんぶ」「わかめ」「のり」などの海藻類です。

これらの海藻類には、新陳代謝を活発にし、体温を上げてくれる必須のミネラル・ヨウ素が含まれています。

さらに嬉しいのが美しい髪をつくる効果もあること!

普段食べる機会が少ないと感じている人は、わかめのお味噌汁一杯からでもOKです。積極的に食生活のなかに取り入れるようにしましょう。

三つ目は、「豚レバー」「牡蠣」「納豆」「アーモンド」など、亜鉛を含む食材です。

aen

亜鉛は、コラーゲンの生成を促し、皮膚を健康に維持するミネラル。また、ホルモンの分泌も正常にしてくれるなど、女性の体にとってうれしい働きをしてくれます。

 

そんな亜鉛が不足すると、血液の流れが悪くなり、冷えが一気に悪化・・・。体が冷えるリセット期、忘れずに摂取したい食材なのです。

四つ目は「そば」。

soba1

そばには、血管を強化して血行を良くするルチンが含まれています。

ただし、そばを茹でるとルチンが茹で汁のなかに溶け出してしまうので、必ず、「そば湯」を飲むようにしましょう。

 

また、温かい汁そばに唐辛子を振りかけて食べるのもGOOD。

そばのルチンと唐辛子の効果で、Wの冷え対策になります。

“血管年齢であなたの老化度がわかる”とも言われるように、血管が強くしなやかであることは、見た目の年齢にも大きく影響します。

いつまでも体の中から美しくいられるよう血管や血液にも気を配りましょう。

リセット期には、ぜひ強化してほしいこの四つの栄養素。本格的なダイエットの前に、冷え知らずで代謝のよい身体を手に入れてください。

冷え対策の食事法① ~香辛料をプラス~

冷え対策の食事法② ~ホットドリンク~ の記事も合わせて読んでみてくださいね。

-健康管理
-