食事

太らない身体づくりのためには、食べる順番はフルコースのイメージで!!

18 views 


mnu0323_1

leaf

あなたは食事中、食べる順番について意識したことはありますか?

ダイエットをはじめるとカロリーばかり気にしてしまいがちですが、実はカロリーや食事量のみならず、何を、どの順番で口にするかによっても、太らない身体をつくることができます。

食事の摂り方についても見直してみましょう。

心がけたい食事の順番は次のとおりです。

1)前菜(サラダなど繊維質の多いもの)

    ↓

2)水分量の多いもの(スープ・汁物・飲み物)

    ↓

3)メインディッシュ(肉・魚)

    ↓

4)ご飯

イメージはレストランのフルコース。

前菜を食べ終えたら、次は汁物・・・という具合に、レストランのコースのリズムを真似て順序よくいただきます。

また、フレンチやイタリアンにはありませんが、懐石料理で締めに白米や炊き込みごはんが登場します。

それに従い自宅でも、ご飯は一番最後に口にしましょう。すでに1)前菜→2)水分量の多いもの→3)メインがお腹に収まっている状態ですので、意識せずともご飯の摂取量は減り、それでも十分な満腹感を得られるはずです。

salada

このように食べる順番を意識するだけで、あなたの満腹度が変化する上、血糖値の上がり方もスムーズになり、太りにくい身体になります。

食事を摂るときはいつもこの順番を意識してみましょう。

おまけに、食べ方についてもアドバイスを一つ。

ゆっくりと料理を味わいながら、よく噛んで食事をすることは、脳の刺激になるうえ、消化も良く、少量でも満腹感を得ることができます。

ですが、“よく噛む”というのは大人になってもなかなか難しいもの。

そこで、おススメしたいのが箸置き作戦です!

料理を一口食べたら、一度箸を置き、口のなかのものをすべて噛んでなくなったら、再び箸をとって食べるようにします。あとはその繰り返し。

この方法、食事を終えるまでに相当時間がかかりますが、箸を置くという間を設けることで、噛む回数を意識しなくとも、“よく噛んで食べる”ことが可能になります。

自宅でゆっくり食事がとれる休日など、ぜひ実践してみてください。

無茶なカロリー制限をしなくても、食べる順番や、食べ方に気をつけることで、太らない身体をつくることができます。

-食事
-