健康管理

細胞が喜ぶ水分の摂り方とは?

40 views 


suibun2

leaf

あなたは普段、どれだけ水分を気にしていますか?

「のどが渇いたら水を飲む」という人が多いかもしれませんが、実は、それは間違い。

「のどが渇いている」のは、すでに身体の2~4%の水分が失われている状態・・・。それではタイミングが遅いのです。

のどが渇くと大量の水をゴクゴク一気に飲んでしまいますよね。

ですが、人間の身体が一度に吸収できる水分量は限られているため、これでは余分な水分が身体のなかに溜まってしまい、結果的にむくみを引き起こしてしまいます。

「身体のために水分を摂ったのに、むくんでしまった」としたら、それはとても残念なことです。

私たちの身体は、60兆個の細胞からなっており、この細胞ひとつひとつに潤いがなければ、本来の機能を失ってしまいます。また、水分不足は、腎臓からの老廃物の排出を遅らせてしまうなど、代謝不全や肌の再生にも影響を与えます。

正しい水分摂取は、排便を促し、腸内環境をよくするデトックス期の重要なポイントの一つなのです。

そこで、身体が喜ぶ<正しい水分の摂り方>をマスターしましょう!

朝起きたら、コップ一杯の常温水を飲みます。その後17時までは、2時間ごとにマグカップ半分程度の白湯(または常温水)を飲むようにします。

日中、職場にマイボトルを置ける環境の人であれば、1時間ごとに飲むとよりGOOD。そして、17時~就寝までの間は、食事のときと入浴後以外、水分を控えます。

suibun

冷水は冷えの原因になるため、できるだけ白湯か常温水を摂るようにしてください。

また、コーヒーや紅茶、緑茶などは、利尿作用が強いため、水分が体外に排出されやすくなります。細胞が潤う水分補給という意味では、純粋な水が一番!

なかでも日本人の身体に合う“日本産の天然水”がおススメです。

体内の水分量を常に一定に保つよう意識しながら、こまめに水分補給することが、あなたの細胞の代謝を促し、腸内環境と肌を美しく保ってくれる秘訣となります。

ただし、これは普段の過ごし方です。運動時の水分補給には、特別な注意が必要です。

運動をすると、汗といっしょにミネラルも奪われるため、単に水だけを補給していると体内のミネラル分がどんどん薄められ、身体のほうではミネラル濃度を保持しようと、逆に水分が排出されてしまうのです。

このような脱水状態が続けば、代謝も円滑に行われません。これではせっかくの運動が意味のないものになってしまいます。

そこで、運動時の水分補給には、水ではなく、糖分やナトリウムが入った低カロリーのイオン飲料を必ず選びましょう。

エネルギーの代謝を鈍らせないためには、イオン飲料に含まれる糖分やナトリウムがとても重要なのです。

普段の生活では、<水>、運動時は<イオン飲料>とはっきり使い分けてくださいね。

【天然水の選び方】

1)むくみがあるとき

  ミネラル・ナトリウムが少ないアルカリ性の軟水

2)二日酔いで体内にアルコール成分が残っているとき

  ミネラル・ナトリウムが多いアルカリ性の軟水

  例:海洋深層水

3)代謝力をUPしたいとき、血行不良のとき

  ミネラル成分の多い硬水

  例:コントレックス

4)仕事で疲れているとき

  アルカリ性の炭酸水

5)運動中や運動後に

  糖分・ナトリウムの入ったイオン飲料

-健康管理
-,