健康管理

女性ホルモンを味方につけて美しい身体を手に入れましょう!

19 views 


gm034

leaf

ダイエットをしたせいで、「肌がボロボロになってしまった」「月経がとまってしまった」という話しをときどき耳にすることがあります。

これはとても悲しいことです。

女性として美しくなるためにダイエットを始めたはずが、結果的に身体をボロボロにし、女性としての機能まで奪ってしまう。

こんなネガティブなダイエットは絶対にしてはいけません。

そもそも女性の美しさはどこにあるのでしょう?

どんなに手脚が長くスレンダーでスタイルがよくても、潤いや、艶やかさがなければ、ギスギスとした印象を与えてしまいます。一方、多少ふくよかな体型でも、肌がしっとり潤っている女性は昔から美人の誉れ高いもの。

つまり、理想的な体型のみならず、肌や髪に潤いや艶やかさがあってこその<女性美>なのです。

実は、この潤いや艶には、女性ホルモンが大きく関わっています。

女性ホルモンが活発だと肌に潤いや艶を生みます。女性ホルモンの働きをさらに高め、潤いと艶を生む食品をぜひ摂っていただきたいと思います。

まず、一つおススメしたいのが、食物繊維が豊富な「豆類」です。

とくに、大豆に多く含まれるイソフラボンには、女性らしさを司るエストロゲンというホルモンの不足を補う働きがあり、イソフラボンを積極的に摂ることによって、肌を美しく保ったり、生理不順を改善することが可能です。

二つ目は「野菜と果物」。

しかし、何でもいいというわけではありません。ここでいう野菜と果物とは、

「トマト」

「ピーマン」

「とうもろこし」

「りんご」

「キウイ」

「ぶどう」

「さくらんぼ」

の7種類。

これらには、脂肪燃焼を促進するオスモチンというたんぱく質が多く含まれているのです。その上、女性ホルモンを高めてくれる効果もあるため、女性にとってはうってつけの食品です!

c006a37e-e1472633303151

そして、三つ目が「植物性の油」です。油には、バターやラードといった動物性のものと、ごま油、オリーブオイルといった植物性のものとがありますが、動物性の油は血管を老化させやすいため、植物性の油をおススメします。

なかでも、「オリーブオイル」に含まれる脂肪酸は、人間の細胞の膜をつくるもととなり、しなやかでしっとりと潤った肌作りを助けてくれます。女性美のシンボルである<潤いと艶>を生み出す大事な油なのです。

ときに、油の摂り過ぎは高カロリーにもつながりますが、例えば、魚介類のマリネに少量のオリーブオイルを垂らすなど、一日に大さじ1程度を目安にしましょう。

たとえ、体重は減ったとしても油抜きのダイエット生活では、美人の潤いも艶も生まれません。上手な油との付き合い方をマスターしてください。

-健康管理
-