食事

腸内環境をよくするための5つの食品を教えます♪

16 views 


saikin

leaf

腸内環境を改善し、身体の中から美肌に生まれ変わるためには、腸内細菌を味方にすると効果的です。

腸内細菌といっても、いまひとつピンとこないかもしれませんが、実はこの細菌こそが腸内環境を良くしてくれる救世主なのです。

私たちの腸には大きく分けて八つの役割があり、これらの機能を果たしています。

①    消化

②    吸収

③    合成

④    代謝

⑤    解毒

⑥    造血

⑦    排泄

⑧    免疫

つまり、腸は人間が生きていくための身体の機能のほとんどを担っているということになります。

ところが、腸内というのは外敵と一番多く接触する環境にあり、ウイルス等が侵入することもあります。

そんなとき、腸内環境が良ければウイルスを排除することができますが、腸内環境が悪い場合、抵抗力が落ち、病気にかかりやすくなってしまうのです。

ほかにも美肌を作ってくれるビタミンの吸収に悪影響が出たり、腸内環境の良し悪しがあなたの健康や美肌に大きく左右します。

0379_1

そこで、腸内細菌を良く保つために、私たちの身体に存在しているのが、腸内細菌です。

例えば、ヨーグルトのCMなどでおなじみのビフィズス菌。

これも腸内細菌の一種ですが、実は、私たちの腸の内部には、100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が常に存在し、食べ物の消化・吸収を助けたり、病気に対する抵抗力をつける働きをしています。

この腸内細菌なくしては、健康も美肌もありえません!

そんな重要な腸内細菌を味方につけるために必要なもの・・・それが「発酵食品」です。なかでもおススメしたい発酵食品が五つあります。

一つ目はお馴染みの「納豆」です。

納豆は、発酵食品というメリットのみならず、女性に嬉しいイソフラボンや食物繊維も豊富に含まれていて、毎朝でも摂り入れてほしい食品です。

朝食はもちろん、ランチ時にコンビニなどで売っている納豆巻きを摂り入れてもGOODです。

二つ目は「味噌」です。

味噌は大豆から作られる日本の伝統的な調味料。とても優秀な発酵食品ですが、味噌汁をつくるときに、単に味噌の量を増やすだけでは、塩分の摂り過ぎになってしまいます。

そこで、味噌汁として摂取するのは基本ですが、普段、別の味付けで調理しているメニューを、味噌風味にしてみるのも賢い方法。

例えば、塩、こしょうだけで味付けしている野菜炒めに水でといた味噌を加えてみたり、煮魚を味噌煮にしたり、ドレッシングを味噌風味に替えるなど、上手に工夫してみてください。

三つ目は「かつお節」です。

かつお節の場合、一度の使用量は少量ですが、どんなメニューにも簡単に摂り入れられる処ところがおすすめポイント。ダシとしてはもちろん、ほうれん草のお浸しに添えたり、おにぎりにしたり・・・。

また、かつお節には、トリプトファンという代謝を促進してくれるビタミンも豊富に含まれています。腸内細菌のみならず代謝も促進してくれるかつお節をぜひ活用してほしい一品です。

四つ目は「キムチ」です。

韓国の伝統食品であるキムチには「ツーン」とした特有の匂いがありますが、あの強烈な匂いこそが発酵の証なのです。加えて、キムチの主材料である白菜はカロリーがとても低く、唐辛子には辛味成分のカプサイシンが豊富に含まれているため、身体を温める機能も兼ね備えています。

自宅での保存もききますし、ごはんのお供にちょっと添えていただくといいでしょう。

最後の五つ目は「ヨーグルト」です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内細菌のなかでも良い働きをしてくれる善玉菌を増やし、有害な悪玉菌を抑制することによって、腸内バランスを整えてくれます。

特に、ダイエット中のあなたには、「脂肪分ゼロのヨーグルト」がおススメ。

これは、脂肪分をカットしても乳酸菌の量は変わらず、またたんぱく質とカルシウムは標準のヨーグルトより多く含まれているというのが優れもの。

デザートとしても手軽ですから、自宅の冷蔵庫に常備しておきましょう。

これらの五つの食品で何か気づいたことはありませんか?

この五つを組み合わせると、立派な「和朝食」が出来上がると思いませんか。発酵食品が苦手な方もいるかと思いますが、腸内環境を整えるためにも朝を和食に替えてみてはどうでしょうか?

-食事
-,