むくみ

むくみの原因は水分?それとも塩分?

21 views 

2016/11/24


84

leaf

以前の記事『むくみをとって、心も身体もスランプ脱出!!』の中で、むくみを引き起こす原因について、細胞内の余分な水分をうまく排出できないことを上げました。

身体の中に余分な水分がうまく排出できない=溜まるということは、「水の飲み過ぎ?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ところが、違うのです。

健康で美しい身体のためには、水はこまめに摂取したいもの。実はむくみの原因としては<食べ物の味付け>にあるのです。

私たちの身体は60兆個の細胞からできています。その細胞というのは、「塩分のあるところに水分が寄せられる」という性質をもっています。

つまり、塩分を大量に摂ってしまうと、その分だけ大量に水分も寄せ集めてしまうのです。これがむくみの原因と言われています。

普段の生活の中で、外食や市販の惣菜、コンビニのお弁当などに頼ってしまう方も多いと思います。もちろん、それ自体は悪いことではありません。

現代のライフスタイルでは、これらのサービスをまったく利用しない生活のほうが難しいと私も感じています。

ただ、不特定多数に向け、外で売られている食事というのは、概して塩分が強く、味も濃く作られています。

怖いのは、この味の濃さに慣れてしまうことです。味の濃いものを食べ続ければ、当然、身体はむくみやすくなります。

018

出来る限り外食や市販の惣菜・お弁当などに頼らない、自宅で料理する生活を心がけてほしいのです。

なんといっても手料理のメリットは、味付けが自在に調整できること。濃い味付けは、ついついご飯が進んでしまうものですが、薄味にすれば、自ずとご飯も控えめになりダイエット効果も上がります。物足りないときは、ハーブや香辛料を補うことで、少ない調味料でもおいしい食事が作れます。

出来る限り自分の手料理で過ごし、むくみ知らずの料理上手になってください。

-むくみ
-, ,