食事

ダイエッターには必須!必ず朝食を食べましょう!!

14 views 


breaakfast2

leaf

朝食によって、身体は夜から朝のモードに切り替わる

ダイエットを目指している人は、絶対に朝食をとらなければいけません。

その理由は2つあります。

ひとつ目の理由は、身体に「朝が来たよ」と教えるためです。

自律神経の働きによって、人間は朝から夜までの間は、食べたものをどんどん燃料として消費しながら、活発に動くようにできています。

逆に、夜から朝にかけての時間帯は、やはり自律神経の働きで、静かに身体を休めるようにできています。

それに、眠ってしまうと何も食べられないので(当たり前ですが)、身体は眠る少し前に食べたものを溜め込もうとします。眠っている間も、内臓や筋肉を休みなく動かさなければならないので、そのための燃料が必要だからです。

ところで、朝、目が覚めるだけでは、身体はなかなか夜から朝のモードに切り替わることができません。

でも、一日を活動的に過ごすためには、身体に「朝が来た」ということをはっきり知らせる必要があります。

それを知らせる役目をするのが、朝食なのです。

breakfast

朝食をとると、それを合図に身体がはっきり目覚めます。

そして、一日がはじまったということを認識して、食べたものを消費しながら活動するという、ダイエットに好都合な生活をはじめるのです。

つまり、朝食を抜くと、身体はまだ夜だと勘違いします

その結果、まだ夜だと思って、その後から食べるものを、体内に溜め込んでしまうらしいのです。

これでは痩せられるはずがありません。

食事で身体が温かくなるのは体脂肪が燃えている証拠

朝食を抜くのは、痩せたい人にとっては逆効果になる、というもうひとつの理由は・・・・。

食事をしているとき、あるいは食後に、身体がふんわりと温かくなる、という経験はありませんか?

これは、食事をすることによって、体脂肪の一部が燃えるという証拠なのです。

詳しく言いますと、食事をすると、身体の中のいろいろな臓器が活発に動きます。

口の中や食道や胃や腸が一生懸命に動いて、食べたものを消化、吸収しようとします。

身体のどこかを動かすためには、燃料が必要になります。

自動車のガソリンと同じです。

特に、食べたものを消化吸収するためには、思った以上に燃料が必要になります。

そこで、食事をするときには、体脂肪が燃料として使われる、と考えていいのです。

breakfast1

もうひとつ、最近わかったことでは、自律神経の働きによって、食事をした後に、自動的に体脂肪が燃えるという説もあるようです。

どちらにしても食事をすれば、体脂肪が燃えるのです。

ということは、食事を抜くのは、体脂肪が自動的に燃えてくれるチャンスをみすみす見逃すようなもの。

一日の3度ある体脂肪燃焼の貴重なチャンスを利用しないのは損!

3度と言わず、食事の回数を4度にしても、そのたびに体脂肪が燃えてくれます。

ただし、4度食べる場合は、3度分の食事を4度に分けることをお忘れなく。

食事のたびにたっぷり食べていたら、絶対に痩せられませんからね。

-食事
-