腸内細菌

善玉菌を腸内にどっさり送り込むためには!?

15 views 


fruitsyogrut

leaf

店頭でヨーグルトを手に取ったらまずラベルをよく見てください。

何も書いていないものもありますが、健康効果を謳うものなら、「乳酸菌入り」「ビフィズス菌入り」「乳酸菌・ビフィズス菌入り」などと書かれているはずです。

より詳しく「ブルガリア菌」「ラクトバチルス菌」「ビフィドバクテリウム・ラクティス」などと、菌の種類まで書いてあるものもあるでしょう。

そして、まずは一週間、同じヨーグルトを食べ続けてみてください。

実は、ビフィズス菌と乳酸菌の種類によって、人それぞれ異なる腸内細菌叢との相性が分かれるのです。

せっかく外からビフィズス菌と乳酸菌を摂り入れても、それがあなたの身体の中にいる善玉菌と合わなければ、善玉菌優位に働きません。当然、腸スッキリにも寄与しないのです。

こればかりは、実際に自分の身体に入れてみないと分かりません。

一週間経っても、いい変化が現れない場合は、菌があなたの腸に合っていない可能性が高いと考え、別のヨーグルトを試したほうがいいでしょう。

こうしてきちんと菌種から選んだヨーグルトを、一日200~300グラム。これで、確実にプロバイオティクスの効果を得ることができます。

fruitsygrut2

ビフィズス菌と乳酸菌をどっさり大腸に送り込むには、あと二つほどコツがあります。

まずは、ヨーグルトを食べるタイミングです。

ヨーグルトは、食前ではなく食中か食後に食べてください。

というのも、空腹時に食べ物を入れると胃酸がふんだんに分泌され、腸に達する前に菌が死んでしまう可能性が高いからです。

死んだ菌体にも、菌のエサになるというメリットがありますが、生きたまま大腸に届ける効果にははるかに及びません。元気な乳酸菌とビフィズス菌を腸に送り込む食べ方を心がけましょう。

そして、さらに重要なのが、二つ目のコツ。

ヨーグルトは「毎日欠かさず食べること」です。

もともと腸内にいる菌と違い、外から取り入れた菌は、入ってくるそばから大便となって出ていきます。

プロバイオティクスを腸内環境の向上に役立てるためには、毎日欠かさず送り込みつづけることが重要です。

-腸内細菌
-,