腸内細菌

糖は糖でも「オリゴ糖」は腸にいい!

29 views 


normal10

leaf

腸内環境において、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やすためには糖類が必要です。

善玉菌は糖類が大好物なのです。

なので、腸内には糖類のエサが必要になります。

そして、腸内のビフィズス菌のエサとなるのが、「オリゴ糖」です。

あまり意識したことがないかもしれませんが、オリゴ糖はバナナをはじめ、いろいろな食材に含まれています。

例えば、たまねぎやごぼうに含まれる「フラクトオリゴ糖」には、ミネラル吸収を助ける、骨密度の低下を抑制するなどの効果も期待できます。

その他、大豆に含まれる「アラビノオリゴ糖」ビート(砂糖大根)に含まれる「ラフィノースオリゴ糖」、はちみつに含まれる「イソマルトオリゴ糖」などなど・・・・

種類は異なりますが、どのオリゴ糖もビフィズス菌のエサとなります。

オリゴ糖は、耐熱性があるので、加熱調理しても消えません。

白ねぎ、アスパラガスなどにもオリゴ糖は多く含まれています。

また、トウモロコシや竹の子の芯からつくられる「キシロオリゴ糖」、ショ糖と乳糖からつくられる「乳果オリゴ糖」など、オリゴ糖を製品化したものも多く市販されています。

これらをスプーン一杯程度、ビフィズス菌入りのヨーグルトに混ぜて食べるのも一つの方法です。

increase-bacterium

オリゴ糖でひとつ気をつけたいのは、摂り過ぎるとお腹がゆるくなるという点。おそらく水分吸収に影響するからでしょう。腸壁への水分吸収を一度阻害するため、オリゴ糖を摂り過ぎると大便の水分量が増えて、軟便や下痢になってしまうと考えられます。

野菜や果物など天然素材から摂る分には問題ないと思いますが、製品から摂る場合、入れすぎには要注意です。

また、オリゴ糖は糖といっても砂糖ほど甘みは強くありません。

ヨーグルトの酸味が苦手という人は、オリゴ糖を加えて、さらに栄養価の高いはちみつや甘味の強い果物を入れてみてはどうでしょう。

とっても食べやすくなると思います。

バナナやイチジクなどの果物は、オリゴ糖のほか食物繊維が豊富なので、かなり強力な善玉菌サポーターになります。

腸内環境を整え、善玉菌を増やすために、オリゴ糖を摂ることを習慣づけてみてはいかがでしょうか。

-腸内細菌
-