ダイエット

最速で痩せるたんぱく質を探したら・・・

20 views 


3

leaf

最速ダイエットのために、たんぱく質が強力な味方になってくれるということは分かったと思います。

しかも、脂肪分の少ないたんぱく質食材でなければ、ダイエットの効果はあまり期待できません。

そこで、たんぱく質を多く含む食材をもう一度見直しましょう。

1位

かつお節

2位

干し湯葉

3位

凍り豆腐

4位

焼きのり

5位

なまり節

6位

きなこ

7位

大豆(乾燥)

8位

いわのり

よく見ると、ベスト8位の中に、大豆と大豆の加工品が4品も入っています。

(干し湯葉、凍り豆腐、きなこ、大豆(乾燥))

今度は、おススメできないたんぱく質食材の一覧を見返してみてください。

おススメできないたんぱく質食材とは、良質なたんぱく質ではあるけれど、脂肪分が多く含まれているので、ダイエット中はなるべく避けた方がよいという食材です。

1位

くるみ

2位

アーモンド

3位

かぼちゃの種

4位

牛バラ肉

5位

ピーナッツ

6位

鶏かわ

7位

カシューナッツ

8位

牛サーロイン肉

このおススメできないたんぱく質食材の一覧表の中に大豆製品は入っていません。

そこで、良質のたんぱく質である上、含まれている脂肪分が少ない、という理由で、

いくら食べても太らないたんぱく質食材は、大豆と大豆の加工品である

ということがわかります。

大豆はダイエット効果だけじゃない!

大豆はたっぷり食べても太らない、というだけではありません。

大豆や、その加工品である豆腐、湯葉、豆乳などには、女性にとって、すごくありがたい成分がたっぷり含まれています。

ダイエット期間が終わっても例えば、

・美味しいものをお腹いっぱい食べたい

・肌を美しく保ちたい

・便秘の悩みから解放されたい

・記憶力をよくしたい

・コレステロール値を下げたい

・老化をストップさせたい

・骨粗しょう症になりたくない

・腰痛知らずで過ごしたい

・ガンになりたくない

といったよくばりな願いを持っているとしても大豆ならそれを叶えてくれるのです。

nc_editor

大豆は女性ホルモンの役目をしてくれます

女性が年齢を重ねて、40代、50代に入ると、だんだん女性ホルモンが少なくなります。女性ホルモン不足は、骨からカルシウムが溶け出し、骨がもろくなってしまう原因になります。

この状態がひどくなって、ちょっと転んだだけでも、骨が折れてしまうような症状が、骨粗しょう症です。

骨粗しょう症を予防したいと思えば、女性ホルモンを補うしかありませんが、都合のよいことに、大豆には、女性ホルモンと同じような働きのイソフラボン、という成分が含まれています。

また、最近物忘れがひどくなった、と落ち込んでいる人にも朗報です。

大豆の中のレシチンという成分が脳の老化を防ぎ、記憶力を高めてくれます。

病気の中で、もっとも恐れられているもの、といえばやはりガンだと思いますが、大豆は、ガン予防にも大きな力を発揮してくれます。

実は、大豆に含まれるレクチンという成分が、免疫力を高めてガン細胞の増殖を抑えてくれるのです。

大豆は生活習慣病にも強い力を発揮!

なんだか、肌や皮膚にハリがなくなった、くすんできた、と悲観している方にも朗報です。大豆に含まれるサポニンが、体内の老化物質を身体の外に追い出して肌年齢を若くしてくれます。

また、食べたものの脂肪分が体内に吸収されるのを邪魔し、肥満になりにくくしてくれます。

その他には、血中のコレステロールを減らしてくれるので、血液をサラサラにしてくれ、肝機能の老化防止に役立ち、さらに脂肪肝や高脂血症などの生活習慣病を予防してくれるのです。

また、大豆にはカルシウム、マグネシウム、ビタミンKなどが豊富なので、骨の強化に力を貸してくれ、腰痛や関節の痛みを防いでくれるという役目も果たしてくれます。

大豆は、これほど身体に効果的な食材なのです。

-ダイエット
-,