ダイエット

ダイエット最強の食材「た・ち・つ・て・と」とは?

19 views 


normal

leaf

前回の話しの中で大豆は、健康な身体をつくる上で、いいことづくめであることが分かったと思います。

そこで、大豆をつかった加工食品の代表例である納豆は、大豆以上のパワーをもっているといえます。

例えば、ビタミンB2.

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を守って疲労や老化を予防してくれる、という働きをもちます。

そこで、腸にこのビタミンB2が豊富にあると、粘膜が強くなり、整腸作用も活発になります。

つまり、腸のトラブルを防げる、というわけです。

このビタミンB2は大豆にも多く含まれますが、納豆菌を加えてできた納豆は、なんとビタミンB2が大豆の2倍に増えるのです。

これだけでも、納豆は腸の強い味方!といえるのに、さらに納豆は、便秘解消に効果的な食物繊維がさつま芋の3倍も含まれているのです。

お腹の調子がおかしいなと思ったら、納豆を毎日食べる、という簡単な習慣でトラブル解消!

腸を元気にすることで便秘が解消し、その結果老廃物がいち早く体外に追い出されて、美肌はもちろん、ダイエットに大きな効果をもたらしてくれるのです。

ダイエット最強の食材「た・ち・つ・て・と」とは?

ダイエットのために晩ごはんを考えているときに、「これだけは食べなきゃ!」という食材があります。

それは、頭文字が「た・ち・つ・て・と」になっているのです。

今からこの「た・ち・つ・て・と」を紹介しますね。

まず「た」は大豆製品の「た」です。

そして、「ち」はチーズの「ち」です。

「つ」はツナの「つ」です。

「て」はてんぐさの「て」です。

最後に「と」は鶏肉の「と」です。

この5種類の食材を量は少なくてもいいので、一日三食のどこかに摂り入れると食事全体の栄養のバランスがとれ、その結果、ダイエットが速く進みます。

具体的に「た・ち・つ・て・と」について、もう少し詳しく見ていきます。

「た」大豆勢品

大豆と大豆製品については、前回説明したとおりです。

豆腐、納豆、煮豆、湯葉、豆乳、凍り豆腐、枝豆、おから、などがこの仲間です、

「ち」チーズ

チーズ、牛乳、ヨーグルト、スキムミルクなど乳製品の仲間です。

良質のたんぱく質、ビタミン、カルシウムなどがたっぷり含まれます。中高年者には特にカルシウムが必要です。

乳製品に含まれるカルシウムは身体に吸収されやすいので、意識してとることが必要です。

「つ」ツナ

ツナはまぐろですが、それ以外にも魚なら何でもOKです。中でも、いわゆる青魚(背中の青光する魚)のアジ、さば、さんまなどには、特にダイエット中の人や中高年に必要な、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という成分が多く含まれています。

それらは、血液をサラサラにして脳の老化を防いだり、血圧を下げたり、肥満の元になる中性脂肪を減らす効果があります。

ダイエット中は、動物性脂肪はできるだけ避けた方がいいのですが、魚の脂肪は例外です。毎日、少しずつでも積極的に食べてください。

ただし食べ過ぎると体脂肪になってしますので注意が必要です。

「て」てんぐさ

てんぐさと聞いてもピンとこない人もいるかもしれません。

でもてんぐさを加工した寒天なら「ああ、あんみつの寒天ね」とイメージしてくれることと思います。ところてんもてんぐさが原料なのです。

昆布、わかめ、めかぶ、のり、ひじき、もずくなどもこの仲間です。

この中でもわかめは栄養素が豊富です。

海藻類のぬるぬるした成分は、内臓の周りにべったりついた内臓脂肪を取り除いてくれます。

また、昆布に多く含まれるヨウ素は、疲労感を取ってくれたり、肥満しにくい体質にしてくれる優れものです。

「と」鶏肉

いわずと知れた鶏肉です。卵も含んでいいです。

皮付きのもも肉やむね肉は脂肪分が多いので、皮と脂肪を除いて食べてください。挽き肉も案外、脂肪分が多いので避けた方がいいでしょう。

一番いいのは「ささみ」です。

たんぱく質には、肉や魚などの動物性のものと、豆類やいも類などの植物性のものがあります。

理想的にはダイエット中でも、両方のたんぱく質を半々にとったほうがいいようです。

でもダイエット開始から一か月間は、脂肪分の多い牛肉や豚肉はなるべく控え(白い脂身を避けても、赤身の中にも脂肪分は結構多いです)、鶏肉のささみで動物性たんぱく質を摂った方が速く体重が落ちるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットにはたんぱく質が欠かせないことがわかったと思います。しかし必要以上にたんぱく質をとればいいというわけではなく、バランスがとても大事なのです。

バランス良くたんぱく質を摂り、色々な食品から様々な栄養素を取り入れることで、健康的な身体をつくり、それが効果的なダイエットにもつながっていくのです。

-ダイエット
-