健康管理

食べない習慣は老化を早める!

35 views 


ff

leaf

PMSという名の女性疾患

このごろは、若い女性の痩せすぎや不健康が目立つようになりました。これはやみくもに痩せたい一心からの食べなさすぎが原因の多くを占めています。

そこで、新たな問題として、PMS(Premenstrual syndrome)、つまり月経前症候群といわれる症状が問題視されるようになりました。

PMSは、排卵日から生理日までの高体温期に、いらいらや不安感におそわれ、そのために体調がくずれ、便秘、下痢、頭痛などの症状を起こす、一種の“病気”です。

それも本人の意思とは関係なく起こるのですから、厄介でもあり、女性病として注目される所以でもあります。

PMSの場合、イライラする症状のうえに、判断力が鈍ることもあり、仕事上のミスをしたり、ヒステリーと思われかねない症状が出ることもあります。

こうしたことが、“女性はダメ”と評価されるもとになるとすれば、とても残念なことです。しかもPMSのはっきりとした原因は不明とあって、対策が遅れているのが現状です。

PMSは生理のある女性の約半数に見られ、婦人科医は、いわゆる頭痛持ちや不眠症の人の中にもPMSの疑いのある人が多いと思っています。

大方の説では、高体温期に症状が集中することから、女性ホルモンの変調、血液中のブドウ糖の低下(低血糖)、また、ビタミンB6の欠乏などが原因ではないかと言われています。

治療のための食事のポイント

こうした症状に対して、婦人科外来などではカウンセリングを行うところが増えています。

カウンセリングの効果はとても大きいからです。

ある病院では、患者に「あなたは、PMSである」と告げ、その理由をきちんと説明しただけでよくなった例があります。

“安心”がホルモンの変調を抑えるよい例です。

ひとつの治療法として、合理的な食事とビタミンの摂取が強調されています。食事のポイントは次の4つです。

1.精製砂糖・精製小麦粉を避けること

2.ナッツなど種実類を摂ること

3.一回の食事量を減らして、回数を増やすこと。軽食でもよい。

4.コーヒーなどカフェイン飲料を少なくすること。

この4つは、低血糖防止のためにも、ビタミンB6を摂るためにも大切なポイントです。精製した穀類、とくに砂糖は吸収が早く、糖尿病による低血糖など緊急の場合は役立つものの、すぐおなかが空き、血糖値も下がりやすいのです。

また、一度にたくさん食べても、次の食事時間との間が長すぎると空腹になり、低血糖を起こすことにもなりますから、規則正しく食事をすることが望まれます。

main_content

食事を抜くと老化を早める

イライラや憂うつを解消するためには、ビタミンB6が有効で、レバー、肉類、魚、卵、大豆、種実類、牛乳、とうもろこし、などがおススメです。

低血糖とは血液中の糖分が異常に少なくなった状態です。

PMSの起こりやすい人たちには、痩せるためといって、充分に食事をしなかったり、一食抜いたり、脂肪をまったく摂らなかったりする人たちに多く起こります。

特殊な生活をしている人たちは別として、食事の回数を減らすこと、とくに朝食や昼食を抜くことは、絶対にいけません。

長い夜の明けたあとの朝食、活動的な昼間の食事を抜けば、いっそう低血糖状態を招きやすいでしょう。

それに、不規則な食事の摂り方をしていると、長い空腹のあと、食べる量が増えるだけでなく、猛烈な勢いで栄養の吸収をしますから、たとえ多量に食事をしなくても、かえって肥満しやすいのです。

きちんと食べる習慣をつける

朝起き抜けは食欲がなかったり、昼間は忙しさにかまけて食事がおろそかになる人が少なくありません。確かに食事をしない習慣がついてしまうと、私たちは意外に平気になるものです。

しかし、気持ちのうえで平気なだけで、体内は知らず知らずのうちにさまざまな障害が起こっているのです。

若い女性ばかりではありません。中年世代の女性にもその傾向はあり、中高年女性の場合は若い人以上に代謝を損ないますから、更年期症状をひどくしたり、老化を早めることにもなるのです。

PMSに限らず、いわゆる不定愁訴から脱出する対策としては、第一にカウンセリング、第二に食事ということになります。

未精白の穀類や砂糖、種実類には、ビタミンB6をはじめ、あらゆるビタミンB群、それにビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンB群やEは、PMSだけでなく、女性に多い低血圧や不定愁訴にとても効果的です。

胚芽米や胚芽パンを常食するとともに、きちんと食事を摂る習慣をつけてください。

まとめ

PMSに限らず、女性に多い不定愁訴の解決は、まず食事からといえそうです。まずきちんと食事を摂るということが大切です。

しかし個人個人によって、症状もさまざまなので、症状が重い方は婦人科を受診して相談することをおススメします。

-健康管理
-,