健康管理

ほどよく健康的に太るには??

24 views 


org

leaf

世の中には、「痩せたい」と思っている人もいますが、逆に「太りたい」と願っていてもなかなか太れないという人も少なからずいます。

しかし、「太るためには・・・」などという専門書は、ほとんど見かけません。

太るためには、痩せる食事の反対をすればいいように考えられがちですが、そう簡単にはいかないところに、痩せている人の悩みがあります。

太れない理由には、

1.胃腸が弱いため吸収力が低い

2.胃下垂である

3.食欲がない

4.下痢をしやすい

などの健康上の問題がある場合が多いようです。

また、よく“痩せの大食い”ということが言われますが、一日の総エネルギー摂取量を計算してみると、実際にはそれほど摂っていなかったり、あるいは人並みに食べていても、下痢をしやすかったり、偏食であったり、太れない原因が必ずあるはずです。

そこで、ほどよく太るためには、まず根本から健康管理をきちんとしていくことです。

三食きちんと食べる

痩せている人の中には、貧血や低血圧の人が多く、このような人は朝の目覚めが悪いため、朝食抜きの人が多くいます。そこで、昼に二食分合わせた高カロリーの食事をしたとしても、胃腸が弱いため吸収できず、結局一日に吸収される熱量が少なくなり、太ることができません。

食欲がなくても、まず三食きちんと食べる習慣をつけることが、太るために大事なことです。バナナ一本、牛乳一杯でも摂るようにしているうちに、一つのリズムができて自然に食べられるようになります。

朝食に限らず、昼食も夕食も、ほぼ一定の時間にとることによって、食事のリズムが整い、食欲も起こり、吸収もよくなります。

間食をするなら時間を決めて!

午前と午後の二回、あるいは一回でもよいのですが、決めた時間に、軽いおやつを摂ることをおすすめします。

ただし、そのおやつは1.添加物の入ったもの 2.油の悪いもの 3.砂糖量の多いものは避けることです。これらの食品は胃腸や肝臓、腎臓の働きを低下させ、ますます吸収力の弱い体にしていきます。

1.消化吸収のよいもの 2.ビタミン、ミネラルの多い糖質食品 3.たんぱく質を含む

ものなどを摂ることです。

例えば、豆乳、牛乳、ヨーグルト、チーズ、バナナ、干した果物、はちみつを使ったお菓子、はちみつで煮た果物、いも類などがよいでしょう。

af9940073675w

油もののここに注意!

鮮度が落ち、酸化した脂肪は、胃腸の悪い人にとっては最も悪いものです。胃がムカつき、食欲が減退し、ときにはひどい下痢を引き起こします。

脂肪は胃の中にある時間が長いので、良質なものでも、かなりお腹がすかないものですが、その上、酸化したものは、いつまでも胃につかえた感じが残り、胸やけを起こします。

油菓子、インスタントラーメン、古い干物、油揚げ、さつま揚げなども脂肪の酸化がすすんだものが多いので注意してください。

太りたい場合は、良質な鮮度のよい植物油を上手に摂ることが大事です。ごま油、大豆油、紅花油など何種類かの植物油を料理によって使い分け、バランスよく摂ってください。

太りたい人にすすめたいこんな健康食品

1.はちみつ

白砂糖は高カロリーの食品ですが、摂り過ぎると消化酵素の分泌を低下させるので、胃腸の弱い人にはよくありません。また、エネルギーになるとき、ビタミンB1,B2を大量に消費します。

そこで、甘味はブドウ糖、果糖の多い“はちみつ”を飲み物やお菓子、酢の物、煮豆などに利用してみてください。はちみつは微量ながらもあらゆる栄養素を含み、B1やB2の働きがなくても、速やかに吸収されますので、健康的に太りたい方にはよい甘味料です。

2.梅肉エキス

太れない原因の大半は、「下痢をしやすい」ということです。

そこで、下痢をしやすい人には、梅肉エキスをおススメします。梅肉エキスは殺菌作用の強いものなので、腸内の下痢を起こさせる細菌を抑える働きがあります。

下痢をしているときには、一日に何回かに分けて大豆粒ぐらいの梅肉エキスを、湯呑茶碗半分ぐらいの湯で、溶かして飲んでください。下痢をしていないときには、一日一回夕食後か寝る前に大豆粒ぐらいの量を湯で溶かして飲みます。

この梅肉エキスは食当たりや海外などでの水当たりにも効果があります。海外旅行にお出かけの方、とくに東南アジア方面へ行かれる方は、ご用意をおススメします。

まとめ

痩せすぎて太りたいと思うあなた。まずは、生活改善から始めてみてください。

過度な飲食は、非効率な上に健康を阻害する可能性もあるのでやめてくださいね。

健康的に太るというのは、思っているほど簡単ではありません。ダイエットと同じくらい難しいことかもしれません。

しかし、何事も継続していくことが大切です。諦めずに長いスパンで考えていってみてください。

-健康管理
-