健康管理

抜け毛や枝毛が気になりだしたら・・・

42 views 


38

leaf

毛髪も当然のことながら、老化していきますが、老化の進行状態、大変個人差があります。三十代初期から白髪が出はじめる人もいますし、五十代でも黒々した人もいます。

また、精神状態の影響を非常に受けやすく、成長期の子供でも、神経疲労の激しいときには、円形脱毛症になります。

近頃は、二十歳そこそこの若い人でも、白髪や切れ毛、枝毛、抜け毛などが多く、髪の傷んでいる人も少なくありません。

“一夜にして白髪になる”という表現も、決してオーバーではなく、悩みや苦しみ、心配事が続けば、みるみるうちに白髪が増えていきます。

今は、髪の色を好みに染める時代ですから、“緑の黒髪”という形容が、髪の美しさの表現に適さなくなってしまいましたが、光沢のあるつややかなしっとりとした髪は、誰の目にも美しく映るはずです。

さて、髪の老化を防ぎ美しい髪を保つには、やはり髪も栄養を吸収して生きているのですから、日々の食事の摂り方が大きく影響してきます。

こんな食生活を続けていると、髪の毛はどんどん傷んでくる

今年三十歳を迎えるあるファッション関係の仕事をしている人を例にとってみます。

仕事ではバリバリと第一線で活躍しているのですが、最近急に抜け毛が多くなって、毛髪が薄くなってきたとのこと。髪質は細くもともと多い感じではないのですが、それがさらに薄くなってきたのです。

その原因は、彼女の食生活にあります。

仕事上、夜遅くなることが多いので、朝食抜きで出勤。昼・夜ともに外食が多く、休日の食事といえば、インスタントのめん類やピザパイが多く、あるいはコンビニエンスストアで売っている弁当類ですませてしまいます。

毛髪は日々抜け替わっているので、日に50~70本ぐらいの抜け毛は心配する必要はないのですが、食生活が悪いと、栄養バランスが悪くなり、抜け毛が生えてくる以上に多くなってしまいます。

外食とインスタント食品や加工食品中心の食事では、毛髪に必要な微量栄養素の補給ができないため、抜け毛が多くなります。

また、防腐剤や酸化防止剤、着色剤、漂白剤などといった化学物質の添加物を長期間にわたり、多量に摂取していれば、肝臓や腎臓などの内臓機能を低下させ、栄養素の吸収が悪くなり、毛髪に必要な栄養が充分に補給できなくなって、年齢に関係なく毛髪の老化が起こってきます。

彼女の抜け毛を防ぐためには、もっと手作りの食生活をすることです。とくに菜っ葉類のごま和えや海藻の酢の物、野菜や豆類の煮物とった料理を食事に加えるようにしましょう。

ごまをクリーム状にした「絹ごしごま」をパンにつけて召し上がるのもいいでしょう。

04516562_xs

ツヤとハリのある髪を育てる栄養素

毛髪の成分は硫黄を含むたんぱく質です。

“毛髪には海藻類がよい”とよく言われますが、海藻だけでなくメチオニンやシスチンなどの含硫アミノ酸を多く含む魚介類、豆類、卵、オートミール、麩、ごまなどのたんぱく質食品が必要です。

たんぱく質食品と海藻などに多く含まれているヨードを合わせて摂ることが、毛髪の成育に大事です。ほどよい水分が保たれていることが、抜け毛や切れ毛を防ぎますが、それには必須脂肪酸やビタミンEが必要です。

また、毛髪の色を美しく保つにはヨードや鉄、抜け毛を防ぐには、頭皮の脂肪分泌を調整するビタミンAと、ふけを防ぐビタミンB2が必要です。

以上のような栄養素を摂るためには、良質な植物油、胚芽、玄米、ごま、海藻、緑黄色野菜、豆類、乳製品などを多く摂ることです。砂糖や甘いお菓子類の摂り過ぎは、ふけを増やすので注意してください。

また、神経の興奮を抑え、種々のストレスに強い体を養うことが、抜け毛を防ぐために大事なことです。それには、ビタミンB1やC、カルシウムを充分に摂ることです。これらは、旬の生野菜、果物、小魚などから摂ってください。

貧血や腎臓病になると、若くても白髪が非常に増えるので注意してください。また、疲労の蓄積した生活をしていると、切れ毛や抜け毛が増えてきます。いろいろな栄養をバランスよく摂り、休息と充分な睡眠のとれた健康的な生活を送ることが、白髪や抜け毛を防ぎ、美しい毛髪を育てることになります。

これだけは覚えておきたい髪の手入れ法

まず、香料が少なくて良いシャンプー剤を選ぶことは当然ですが、毛髪をもむように強く洗わないことです。

軽くていねいに洗い、すすぎは充分注意してください。何度もよくすすぎ、完全にシャンプー剤を落とすことです。

リンスは、毛髪にあったものを選び、やはりよくすすぐことが大事です。

濡れた毛髪をふくときも、乾いたタオルで押さえるように、ていねいにふきます。乾かすときは、高温のドライヤーで一気に乾かすより、ていねいにブラッシングしながら、自然に乾かす方が、毛髪のためにはよいのです。

抜け毛や切れ毛が多くなると、ブラッシングを控えてしまう人がいますが、抜け毛は関係なく抜けるのですから、ていねいに朝ブラッシングしてください。

健康な毛髪は、オイルをつけなくても、自然に脂肪がほどよく出て、艶やかになっていますが、オイルをつける場合は、香料や着色料のない良質なものを選んでください。

昔ながらの「椿油」がおススメです。

-健康管理
-, ,