爪には健康状態が映っている!簡単にできる健康チェックを紹介します!

22 views 


fotolia

leaf

ちょっとご自分の爪をごらんになってみてください。

爪から、体の内部の健康や老化の状態を知ることができるのをご存知でしょうか。

健康な人の爪は、ピンク色をして血色がよく、爪の表面が丸みをおび、なめらかです。年をとれば、皮膚にしわが増えるように、爪にもたてじわが増えてきます。

爪の色が白っぽく、蒼白になっている場合は、貧血の疑いがあります。爪の中央がくぼんでスプーン状に反り返った爪になると、鉄欠乏症の貧血をいえます。

紫色がかかってくれば循環器障害の疑いがあり、心臓に障害がある場合と、肺に病気がある場合が考えられます。肝硬変や腎障害のある場合は、爪が乳白色かすりガラスような白色になることがあります。

爪に横に走る白い線が見られたら、ネフローゼの疑いがあります。

あなたの爪はいかがでしょうか。

形のよい、きれいな爪でいるために

爪が折れやすいとか、光沢がない、血色がない、たてじわが急に増えてきたというような場合は、爪に老化が起こってきているサインですので、爪に必要な栄養をとり、健康な爪を養うことです。

それには、たんぱく質、カルシウム、鉄、ビタミンC、B6などを充分に摂ることです。

02811

骨ごと食べられる小魚料理は、たんぱく質とカルシウムのよい補給源になります。

例えば、小あじを二度揚げして、酢油につけ、骨ごと食べられるようにしたものや、頭を落としたいわしを酢か梅干しを加えて骨まで柔らかく煮たもの、いわしの頭と腹わたをとって、骨ごとミキサーにかけて、ハンバーグにしたものなどはいかがでしょうか。

カルシウムや鉄の多い切り干し大根、小松菜、ひじき、こんぶ、水前寺のり、きくらげ、ごま、なども多く摂るよう心がけてください。

カルシウムの吸収をよくするには、リンとの比が問題ですから、リン過剰の食事にならないようにすることです。

添加物の多く入った食品や獣鳥肉類、菓子類を多く摂る食事では、リンの比が高くなり、カルシウムの吸収が低下します。

ビタミンCは、新鮮な野菜、柑橘類の他、プリンスメロン、いちご、キウイ、柿などのC豊富な果物を季節に応じて適度に摂るようにしてください。

ビタミンB6は、魚卵や貝類、納豆、トマト、酵母、レバー、小麦胚芽などに多く含まれています。B6は腸の中で合成されるビタミンですから、腸の働きを健全にしておくことがB6の不足を防ぎます。

したがって、下痢や便秘を防ぐことも大切です。

以上のような食事の注意の他、洗剤や粉せっけんは、石油系のものより、天然の原料で、安全度の高い、低公害のものを選ぶことも、爪の健康を守るうえで、大事なことです。

-
-