腸内細菌

下痢をしやすい人へ・・・・腸を強くしてスタミナをつけよう!

34 views 


otikomu

leaf

疲れたり、冷えたり、ちょっと脂っこいものを食べ過ぎたり、あるいは精神的ストレスがあると、すぐに下痢を起こすという腸の弱い体質の人がいます。

食当たりの下痢は、一過性ですが、常習性の下痢タイプの人は、食べたものがいつも体内で充分利用されないため、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が不足しやすくなります。

したがって、スタミナに乏しく、がんばりの効かない虚弱体質になりがちです。

体力の強弱は、かなり腸の働きに関係してきます。腸の働きが健全であれば、栄養素の吸収利用度がよく、さらに腸内細菌によって合成されるビタミンB群やKなどが豊富なので、必然的にスタミナのある体力が備わってきます。

ところが、絶えず下痢を起こしている人は、大切な栄養素が、体を素通りしてしまい、そのうえ腸内でのビタミン合成能力も低いので、ビタミンB群欠乏症を招き、慢性疲労に陥りやすくなります。

下痢を起こしやすい人は、根気よく体質を改善していき、腸の働きを健全にすることが、スタミナのある体力を養うことにつながります。

酸化した油脂を避ける

魚や肉のくん製類は、油脂が酸化しているものが多いので、注意してください。

また、鮮度の落ちた干物、油菓子、インスタントラーメンやカップヌードル、何度も使った植物油なども避けたい食品です。酸化、腐敗した油脂類は最も下痢を起こさせやすいものなので、くれぐれも注意してください。

また、防腐剤、殺菌剤、酸化防止剤などの腐敗防止の添加物の多く入った食品を控えることも大切です。

これらの添加物は、腸内の有効菌の働きを抑え、ビタミン合成能力を低下させてしまうので、とくに腸の弱い人は、避けてほしい添加物です。また、タール系色素で、着色された食品も避けてください。全体に添加物食品を避けることが賢明です。

極端に冷たいものを避ける

食事中に冷たい飲み物を多く摂ったり、食間にやたらと冷たいものを摂らないことも大事です。冷たいものを召し上がるときは、ゆっくり一口ずつ噛むようにしてください。とくに夏、冷房の効いた部屋では、冷たい飲み物を避け、できるだけ温かいものを飲むように心がけましょう。

bbb

刺激物を控えめにする

香辛料や濃いお茶類(コーヒー、紅茶、煎茶)、アルコールは控えめにすることです。

また、にんにくやねぎなど刺激の強い野菜を一度に多量にとることもよくありません。

ただし、にんにくなどの野菜にはビタミンB1の利用を高める働きや殺菌作用があるので、一回に少量摂るようにしていけば、腸の働きを強める効果があります。

生姜や生わさび、赤とうがらしなどの香辛野菜にも殺菌、解毒作用があるので、ごく少量摂るようにしてください。

このように、刺激性のある野菜は、一度に多量に摂ると下痢になり、少量なら逆に薬効作用があるのです。

腸に機械的、化学的刺激を与えすぎない

刺激野菜を摂り過ぎないことに通じますが、繊維の硬い野菜や豆類、脂っこい料理を一度にたくさん食べないことです。

適量の繊維質は必要ですが、一度に摂る量を控え、また柔らかくして摂ることが大事です。

豆類には、ビタミンB1、B2が多いので、腸管を支配する神経に大切な栄養ですが、繊維が硬く、摂り過ぎるとお腹が張ったり、下痢の原因にもなります。

そこで、柔らかく煮たり、うらごしにしたものを少量、よく噛んで食べるようにし、徐々に慣らしていくようにしましょう。

ただし、砂糖で甘くした豆類は、腸内で異常発酵しやすいので、甘い煮豆や甘納豆、ようかんなどはよくありません。

はちみつで薄めに甘味をつけた豆類を一回に少し摂るようにしてください。

まとめ

いかがでしょうか。

下痢をしやすい方は体質を改善して、腸を強くする必要があります。

この他、腸に機械的な刺激を与えないためには、よく噛みゆっくり食べること、一度にドカ食いしないこと、三度の食事が不規則になりすぎないこと。

これらは平凡なことですが、基本的な面を整えていくことが、下痢体質を改善していくことで、とても大切な要素なのです。

-腸内細菌
-,