お酒

お酒を飲む人が必ず覚えておきたい6つのポイント!

25 views 


lgf01a201310300500

leaf

最近若い女性がお酒を飲む機会が増えているとのことです。

「酒は飲んでも飲まれるな」ということわざもありますが、飲み過ぎて急性アルコール中毒を起こし、救急車で病院に運ばれる女性が増えていることも事実です。

多量の飲酒は、女性ホルモンのバランスを崩して、乳がんや子宮がんになりやすいとも言われています。

女性の肝臓の大きさは、男性よりも小さいのでアルコールを分解する能力も低いわけですから、男性並みに飲んでいると、女性の方がアルコール中毒になる率は高く、肝障害も早く起こります。

アルコールは肥満の原因にもなりますので、ほどほどを心がけてください。

ただし、少量のアルコールは、女性の美容面、とくに光沢のある美しい肌を保つ効果があります。アルコール分の作用で、血液循環がよくなり、皮膚がつややかになるからです。

lgf01a201304281100

お酒と上手に付き合う六つの原則

酒量には非常に個人差があり、一口で健康を害さない適量を決めることは難しいです。

それは、その人の内臓の働きの強弱やアルコールを分解する酵素の働きが影響するので、ある人は適量であっても、同じ量で健康を害する原因になる場合があります。

ただし、健康を害さない飲み方として、だれでも守ってほしい原則があります。

1)飲まない日をつくり、その日を増やしていく

まず、せめて週一回は抜き、年をとるにしたがって、二日、三日と飲まない日を多くしていくことです。

2)酒量は年をとるたびに減らしていく

二十代よりも、三十代になったら減らし、三十代よりも四十代になったらさらに減らしていくというように、年をとるにしたがって一回の量を減らしていくことが、肝臓を痛めない飲み方の秘訣といえます。

3)二日酔いになる飲み方をしない

二日酔いをしないことが、自分の現在の健康状態に応じた酒量を知ることでもあります。

4)品質のよいアルコール類を選ぶ

品質のよいアルコールつまり、添加物の少ないものをえらんでください。

5)ゆっくりと楽しむ

“駆けつけ三杯”などという飲み方は、心臓発作や血圧を上げる原因になります。ゆっくりと楽しみながら飲むことが、悪酔いしない秘訣です。

6)必ずよい肴を食べながら飲む

なにも食べないでお酒を飲むと、胃から小腸へアルコールが素早く移行し、小腸からの吸収が速く、肝臓を経由して脳へ到達し、すぐに酔ってしまいます。

また、アルコールが胃壁などを荒らしてしまうこともあります。

そして日常の食生活が偏食にならないようにすることです。

以上の6項目をよく守って飲んでいれば、酒はまさに“百薬の長”となりえます。

-お酒