栄養管理

カルシウムの働きと骨と歯の関係とは?

28 views 


milk

leaf

体の中のカルシウムの99%は骨や歯の成分として、あとの1%は血液、筋肉、神経などの組織に存在し重要な生理作用を行っています。

骨や歯をつくっているカルシウムは、一生そこに固定されているのではなく絶えず入れ替わって代謝が行われています。その転換の速度は骨に比べて歯のほうがかなり遅い速度で転換されていると言われています。

また、骨はカルシウムの貯蔵庫でもあり、副甲状腺ホルモンの働きによってカルシウムを移動させ、血清のカルシウムを一定量に維持するようにしています。血液中のカルシウムの量は、常に一定の値を示すように調節されているので、食べ物やその他の影響をすぐ受けることは少ないのですが、貯蔵庫である骨は大変影響を受けやすいのです。

カルシウム不足の食事をしていると、骨のカルシウムの消費が多くなるうえ、新しい骨をつくることができなくなるので、骨の密度が低下し、スカスカのもろい骨になっていきます。

また、歳をとると骨の再生力が衰えてくるので、次第にヘチマや軽石のようなスカスカした重量の減った弱い骨になり、ちょっとしたことで、骨折するという「骨粗しょう症」を招きます。

このような骨損失は男性より女性に多く、四十歳代ぐらいから起こってきます。少しでも若いうちからカルシウム不足に注意することです。とくに女性は出産という大仕事があるので、丈夫な子供を産むためにも、自分の健康のためにもカルシウムの豊富な食事をしましょう。

血液中のカルシウムも非常に重要な生理作用を行っていて、血液のPHを常に弱アルカリ性に保つように働いています。また、血液の凝固作用を促進させる働きや心筋収縮力の増強にもカルシウムが関係し、カルシウムとカリウムの働きにより円滑に保たれています。

koebi

よくカルシウムが不足すると、イライラしたり、集中力がなくなるといわれていますが、カルシウムは神経系、筋肉の興奮性を抑制する働きがあるので、刺激に対する神経の疲れをなくす働きがあります。

この他、酵素の活性化にも大切なミネラルのひとつです。

カルシウムの一日の所要量は、成人で600~650ミリグラムとされていますが、丈夫な骨、歯を保ち、種々のストレスにも強い精神力を養っていくためには、日々の食事から1000ミリグラムぐらいは摂るようにしたいものです。

牛乳は一カップでカルシウム200ミリグラム、プレーンヨーグルト一カップで220ミリグラム、煮干し5本で200ミリグラムのカルシウムが摂れます。

これに、ごま、小松菜、切り干し大根、青梗菜、なばな、ひじき、のり、こんぶ、干しさくらえび、チーズなどの食品を組み合わせて、いろいろな食品からバランスよくカルシウムをとりましょう。

-栄養管理
-, ,