健康管理

魚嫌いな人ほど成人病にかかりやすい?

37 views 


6529d516

leaf

ひと昔前までの日本人のタンパク源は、魚介類と豆類でした。現在は獣鳥肉類と乳卵類が中心になっています。魚離れした食生活になっています。

欧米、とくにアメリカでは、心臓病が国民病といわれるほど深刻な問題になっていますが、今や日本人もそれに追いつこうというような、食生活になってきています。

小さいころからハンバーグステーキ、フライドチキンなどで育つと、成人になっても、獣鳥肉類中心の食事になるのは当然で、アメリカ人のように心臓病が増えていくのは明らかです。

獣鳥肉類はタンパク源として大切な食品ですが、偏った摂り方をしていると、脂肪のバランスが非常に悪くなり、皮下脂肪を増やし、肥満を招き、さらに動脈硬化を促進させ、心臓病をはじめ、高脂血症を招き血管の老化を早めます。

その理由は、獣鳥肉類の脂肪には飽和脂肪酸が多く、この脂肪酸は体内でコレステロールを増やし、血液中の総コレステロールを高めるからです。

そして、悪玉コレステロール(LDL)と言われる比重の小さい低比重リポタンパクを増やし、これが肝臓のコレステロールを血管壁などへ運び、動脈硬化を招き。心筋梗塞や狭心症などを起こしやすくなります。

ところが、魚類の脂肪は、飽和脂肪酸のほかに、エイコサペンタエン酸と呼ばれる高度な不飽和脂肪酸があります。この脂肪酸は、植物油に多く含まれているリノール酸と同じように、血液中の総コレステロールを減らし、さらに善玉コレステロール(HDL)を増やします。

善玉コレステロールは、比重の大きい高比重リポタンパクで、これは動脈壁などの末梢組織から、コレステロールを取り除き、肝臓へコレステロールを運びだし、動脈硬化を防ぎ、虚血性心疾患などを予防します。

saba

またエイコサペンタエン酸は、血液の固まるのを防ぎます。血液が固まりやすいのは、血液中の血小板の凝集力に関係ありますが、エイコサペンタエン酸は、体内で血小板の凝集力を弱める物質の原料になっていることが、研究でわかってきました。

エイコサペンタエン酸は、鯛やヒラメなどの高級魚より、さば、いわし、さんま、あじ、などの大衆魚に多いのです。弾力のある血管とさらさらしたきれいな血液を保つことが成人病を防ぎ、突然死を防ぐことにつながります。

もっと魚を食べる習慣を、家族みんなでつけてください。

-健康管理
-,