ダイエット

パプリカオイルダイエットで痩せる!?その効果とは?

23 views 


papurika2

leaf

最新のダイエット情報を紹介します。

その名はパプリカオイルダイエットです。パプリカはみなさんもご存知の野菜ですが、そんなパプリカのオイルでダイエットすることができるのです。

今回はパプリカを用いたサプリメントとしてパプリカオイルの栄養成分、そしてなぜパプリカオイルで痩せることができるのかをご紹介します。

パプリカオイルとは?

みなさんご存知のパプリカですが、形はピーマンに似ていて味はピーマンより少し甘いイメージ、そして鮮やかな色が食卓を飾ってくれる野菜ですよね。

 

しかしパプリカを野菜で分類すると唐辛子の一種なんです。そう言われると確かに唐辛子と、パプリカやピーマンはなんとなく形が似ていますよね。そんなパプリカから抽出した植物性オイルがパプリカオイルなのです。

だからと言ってパプリカから抽出されたオイルであればどれでも良いというわけではありません。それではパプリカオイルの栄養成分を見ていきながら、どの色のパプリカがいいのか確認していきましょう。

パプリカの色による栄養成分の違いとパプリカオイルのダイエット成分

パプリカには赤、オレンジ、黄色など色の種類が豊富です。

パプリカの色によって栄養素は異なり、黄色いパプリカにはビタミンCやルテインという肌の老化に効果がある栄養素が含まれます。

また、オレンジのパプリカにはビタミンEや生活習慣病に役立つカロテンが含まれています。

 

ダイエットに効果があるのは赤いパプリカで、唐辛子と同様に多くの体脂肪を燃やすカプサイシンを含んでいるだけでなく、キサントフィルという栄養成分が豊富に入っています。

キサントフィルはあまり聞きなれない栄養成分ですが、パプリカオイルにはカプサンチン、クリプトカプシン、カプソルピン、カプサンチンエピキシド、ゼアキサンチン、β-クリプトキサンチン、ククルビタキサンチンAの7種類のキサントフィルが入っています。

これらの栄養成分を持つパプリカオイルがダイエットに大きな効果を示します。

papurika

パプリカオイルでダイエットできる理由

パプリカオイルにはβ-クリプトキサンチンが入っていることを紹介しました。このβ-クリプトキサンチンの主な効果に内臓脂肪低減作用があります。具体的な研究報告として肥満糖尿病のマウスにβ-クリプトキサンチンを摂取させたところ脂肪細胞が肥大せず蓄積するのを防いだという動物実験を始め、中程度肥満他男性26人を対象した臨床試験ではβ-クリプトキサンチン毎日0.5mg合計12週間摂取を続けることによって、内臓脂肪面積が約72%に低下した報告もあります。

 

つまりこれらの試験結果にもあるとおりβ-クリプトキサンチンにはダイエットに対して大きな効果が期待できるのです。またβ-クリプトキサンチンは骨粗しょう症予防や美肌効果、カプサンチンはアンチエイジングに役立つ抗酸化作用があります。

 

パプリカオイルにはダイエットだけではなく女性にとってうれしい成分が満載ですね。

-ダイエット
-