料理

あなたは酢豚にパイナップル入れる派?、入れない派?

104 views 

2016/11/21


gourmet-vol22-photo01

酢豚にパイナップルを入れますか?入れませんか?というのは巷でよくある議論のひとつだと思います。

中華料理である酢豚にパイナップルを入れることによってどういう効果があるのかを紹介したいと思います。

酢豚にパイナップルを入れはじめたのはいつごろから?

酢豚にパイナップルを入れはじめたのは、清の時代に欧米人の住んでいた地区があり、そのレストランで高級感を演出するために使われるようになったそうです。

パイナップルは今では珍しくないですが、当時はまだ珍しく高価な食べ物だったみたいですね。

実際に酢豚+パイナップルの効果は?

では、実際に組み合わせはともかく、酢豚にパイナップルを入れる斬新なアイデアにはどういった効果があるのでしょうか?

『パイナップルを入れると肉が柔らかくなる』という答えが世の中では一番多いのではないでしょうか、しかしこれは、実は間違いなのです。

パイナップルにはプロメリンという酵素が含まれています。このプロメリンは肉を柔らかく分解する働きがあります。このことで肉を柔らかくする効果があるという説になったんだと思います。

しかし、このプロメリンは60℃以上で加熱されると、肉を柔らかくする効果がなくなってしまうのです。

つまり、フライパンで他の具材といっしょに加熱するので、肉を柔らかくする効果は期待できないのです。

normal5

それでもなぜ入れる?

そうと分かっていてもなぜ、酢豚にパイナップルを入れる人がいるのでしょうか?

酢豚にパイナップルを入れるのは、実は理にかなったアイデアなのです。

パイナップルに含まれるたんばく質分解酵素が、豚肉の消化を助けてくれます。胃もたれがする、胸やけがする人や慢性的に胃の調子がよくない人にはおすすめです。

胃液には胃酸と消化酵素が含まれていて、食べたものを消化するためには両方がバランス良く分泌されなければなりません。胃もたれがするときは、消化辞素を補うと改善します。

b5a70ec070afad397a404949abea5248ac03d3ac.33.2.3.2

そして酢豚のおいしさはあの甘酸っぱさにあります。その甘酸っぱさを出すのにちょうどいいのがパイナップルなのです。カレーにりんごを入れるのと同じように隠し味的な要素で入れるのが美味しいのではないでしょうか。

まとめ

酢豚にパイナップルを入れる人、入れない人、好き嫌いは分かれると思います。 しかしパイナップルを入れることによって、豚肉の消化を助けたり胃の調子を整えたり、入れることの効果はそれなりにあります。

入れない派の人は試してみてはいかかでしょうか?

(ちなみに、私は酢豚にパイナップルは絶対に入れません(笑)。理由は・・・
あたたかいパイナップルが苦手です(>_<)・・・。)

-料理
-,