食事

朝食を食べて「痩せるスイッチ」を入れよう!

30 views 


201401_andme_youhu_breakfast

私たちの体は、昼間は活動的に過ごし、夜はゆっくり休息するというリズムを刻んでいます。また、食事は朝昼夕の1日3食が理想とされてきました。

しかし、最近では朝食抜きダイエットや断食なども行われるようになり、朝食をめぐってさまざまな説が論じられるようになってきました。

朝食をとることは大切

朝食に関しては、「朝食を食べたほうが仕事を頑張れる」という人もいれば、「食べない方が集中できる」という人もいます。しかし時間栄養学的にいえば、やはり朝食をとることは大切だと結論づけられます。

そもそも生物には1日を25時間とする体内時計が備わっており、食事や睡眠、運動の時間が決まっています。

これを地球の自転に合わせて毎日24時間に修正しながら、食事などの時間を一定に保つことで体調を整えているのです。

この1時間のズレを修正するポイントが、朝日を浴びることと朝6時から7時にじゅうぶんな朝食をとることです。毎朝この時間に日光を浴びて朝食をとることで、体内時計がきちんとリセットされ、日中の活動量を高めるよう働くのです。

こうして体に貯蔵されている脂肪や糖分がどんどん分解され、エネルギーとして効率よく燃焼されていきます。少しくらい脂肪分の多い食事をとっても、昼食なら消費されやすくなります。そして夜は食べた肉・魚のなどの栄養分をできるだけ蓄えるよう作用します。

以上のように、食事をする時間によって、食べたものがエネルギー消費のために働くのか、または脂肪などとして蓄積されていくのかが分かれば、これを利用して効率よく痩せることができるのではないかと注目されています。

まとめ

これまでにどんなダイエットをしても痩せなかった人も、生活を見直し、体内時計の法則に沿って食事をしてみることで、痩せやすい体へと変化していくでしょう。

早朝に日光を浴び、朝食を食べて体内時計を上手にリセットしてください。

体内時計を整えるための食事と生活習慣

起床後は日光を浴びる

sun

6:00~7:00 朝食

  ↓

日中はできるだけ活動的に

busy_syufu_woman

12:00~13:00 昼食

この時間帯なら脂肪分が多めの食事をしてもOK

bentou_businesswoman

  ↓

~19:00頃 夕食

脂肪や炭水化物の少ない、食物繊維豊富な軽めの食事を

syokuji_girl

就寝前は部屋の照明を落とし、パソコンやテレビなどはなるべく見ない

-食事