ダイエット

おいしくて大満足!体が喜ぶ食べ方テクニック!

15 views 


名称未設宁E1

短期間で急激に体重を落とすダイエットというのはダイエットではありません。正しい食事を心がけ、体調を整えながら自然とやせ体質へと変えていくのがダイエットです。

ダイエット中の食事の基本は、摂取エネルギーを減らすのではなく、たっぷりの野菜を中心に、肉や魚を適量とるといったバランスのよい献立をたてて食べることです。

コツは主食、主菜、副菜をそろえた食事を心がけることです。

主食とは、ごはんや麺、パン類など穀類の料理を指し、主菜はメインのおかずで、肉や魚、豆腐などの料理を指します。副菜は野菜やいも類などの料理です。これに汁物やお茶、飲料をつけて献立が完成します。

これらの栄養素のバランスを整えることで、適正なエネルギー量の食事を無理なくとることができます。

主食としておすすめしたいのは、胚芽ごはんです。

胚芽米は、米の胚芽を残すように特殊な方法で精製した米で、精白米に比べてたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルに富み、ビタミン群ではB群(B1、葉酸、B6など)とEが豊富です。また、玄米よりも消化されやすく、炊きやすいので、毎日の食事に手軽に利用できますし、ふんわりと炊き上がるため、見た目にも満足できます。

haigagohan

研ぐ時は、胚芽が落ちないよう軽めにさっと研いでください。

ただし、酸化しやすいため、なるべく少量ずつ購入し、冷蔵保存して半年以内に使い切りましょう。

最近では、朝食や昼食を菓子パンや総菜パンと飲料だけですませる人も増えていますが、手軽なようでも、エネルギーや油脂類が意外と多く、体の必要な栄養素がほとんど取れません。

主食、主菜、副菜をそろえたバランスのよい食事を習慣づけると、心身ともに満たされ、心も安定し、過度に甘いものが食べたくなったり、イライラして過食したりすることがなくなります。

42f77e6ad589d44a094f8bda171b80b1

普段の食事の内容を見直し、コツを知ることで、おいしく楽しくダイエットが続けられます。

また、野菜料理のレパートリーを増やすことも、ダイエットを長続きさせるポイントとなります。肉や魚の適量を知り、野菜をたっぷりとることの大切さを学びましょう。

-ダイエット