料理

「きちんと計量」で余分なエネルギーをオフ!

13 views 


image1

あなたは料理をするとき、きちんと計量していますか?

日常的に料理をしている人ほど、レシピがあっても目分量で作っているのではないでしょうか。

計量しないで料理すると、どうしても人数分より多めに作ってしまってたくさん食べてしまいがち。せっかくバランスのよい献立を考えても、これではあまりダイエット効果は表れません。

調味料もしっかりはかろう

また、食材の計量はもちろんですが、調味料の計量も重要です。量として見えないだけに油断しがちですが、みりん、砂糖、油などは少量でもエネルギーが高く、また塩、しょうゆ、みそなどは少量でも塩分が多くなってしまいます。

もし、油大さじ1/2のつもりで大さじ1を使っていたら約55キロカロリーもエネルギーが多くなってしまい、1週間続ければ385キロカロリーもオーバーすることになります。

エネルギーや塩分のとり過ぎを防ぐため、計量スプーンや計量カップ、キッチンスケールを、キッチンの取り出しやすいところに置いておき、必ず計量するように心がけることが大切です。

とくに、油や調味料はエネルギーや塩分のとり過ぎにつながるので、目分量はさけましょう。

また、肉や魚、卵など動物性の食材を無意識のうちにとり過ぎていることが、ダイエットを妨げているケースも多く見られます。

これらの分量をきちんと計量することで、エネルギーや脂質、たんぱく質のとり過ぎを抑えることができます。

image2

たとえば、同じ100gの肉であっても、豚バラ肉は386キロカロリーですが、豚もも肉脂身付き183キロカロリーと半分以下。同じ肉でもほかの部位に置き換えることで、栄養バランスを整えて低エネルギーにすることができます。

きちんと計量すると、おいしく作れて無駄遣いも防げます。目分量をやめて正確に計量するようにしただけで、7kgも痩せたという声もあります。

まとめ

最初は大変かもしれませんが、正確に計量していくうちに料理上手になり、習慣づけることで自然と痩せられるようになるでしょう。「計量上手」はダイエット上手といえます。

計量スプーンや計量カップの容量と重さとの関係

食材

小さじ(5cc)

大さじ(15cc)

カップ(200cc)

水・酢・酒

5グラム

15グラム

200グラム

醤油・みりん・みそ

6グラム

18グラム

230グラム

あら塩

5グラム

15グラム

180グラム

6グラム

18グラム

240グラム

上白糖

3グラム

9グラム

130グラム

グラニュー糖

4グラム

12グラム

180グラム

小麦粉(薄力粉・強力粉)

3グラム

9グラム

110グラム

かたくり粉

3グラム

9グラム

130グラム

ベーキングパウダー

4グラム

12グラム

150グラム

マヨネーズ

4グラム

12グラム

190グラム

ケチャップ

5グラム

15グラム

230グラム

ウスターソース

6グラム

18グラム

240グラム

油 ・バター

4グラム

12グラム

180グラム

粉チーズ

2グラム

6グラム

90グラム

 

-料理