食事

レコーディングでしっかり管理!コンビニを活用しよう!

10 views 


shutterstock_306176540

誰だって太りたくないけど、おいしいものはたくさん食べたい。たくさん食べればやはり太ってしまう。みなさんそんな葛藤の中でいつも生活していると思います。

そこで、ひとつだけ、そんなに難しくない方法を紹介します。

それは、レコーディングと呼ばれる、「食事内容を記録する」という方法です。

朝からはじまる三度の食事、お茶、ジュースなどの飲んだ水分、おやつに至るまで、食べたもの飲んだものを細かに記すことです。

これをずっと続けられれば、さらに良いですが、さすがに面倒くさいですよね。という人は頑張って3週間続けてみてください。

41663465-61d7-488a-8b82-a55100296380

人の体の成分は3週間で入れ替わると言われていて、運動や食事制限も3週間続けていると、何らかの結果が見えてくるはずです。

うまくいった人もそうでなかった人も3週間なら何とか続けられるのではないでしょうか。

ここで、一日の摂取カロリー制限をすることも大切ですが、それ以上に重要なのが、何をどれくらい食べれば何キロカロリーになるのか覚えておくことなのです。

茶碗に一杯のごはん、何キロカロリーでしょうか?

ごはん茶碗といっても家庭ごとに使っているのが違うでしょうが、一々計測する必要はありません。そこまで厳密にならなくてもよいです。

そこで、便利な方法をひとつ紹介します。

normal9

それはコンビニの食べ物を上手に利用することなんです。

コンビニで売られている食料品は、お弁当からはじまり、スイーツはもちろん、飲み物やお菓子に至るまで、ほぼほとんどの食べ物にカロリー表示がなされています。

おにぎりひとつ食べるとおよそ200キロカロリーぐらい、菓子パンを食べると1個で500キロカロリーなんてのもあります。そうやっておおむねどんなものを食べると何キロカロリーになるのかを覚えてください。

レコーディングをやめてからも、だいたい今日は何キロカロリー食べたな、と自身でわかるようになります。

コンビニの食べ物を利用して、上手にカロリー計算してみましょう。

-食事