食事

食べ過ぎの基準って?痩せるには摂取量より消費量を多くしよう!

22 views 


th_b35454e376a49621696181da4235399e_s

よく「今日は食べ過ぎた」という人がいますよね。そもそも「食べ過ぎ」の基準とは何でしょうか?

脂肪を撃退するためには、ぜひ知っておきたいものです。簡単に言えば、食べた量より消費量が多ければ食べ過ぎにはなりません。たくさん食べても運動して消費すれば食べ過ぎにはならないというわけです。

とはいえ、自分の必要エネルギーを知らないと判断できませんよね。下に必要エネルギーを算出するために計算式を書いていますので、一度計算してみてください。

必要エネルギーを把握しておけば、あとは摂取カロリーと差し引きするだけで食べ過ぎかどうかわかりますね。

必要な栄養を必要量摂るのが理想的です。痩せたい場合、摂取エネルギーを減らすのではなく、消費エネルギーが多くなるように心がけましょう。

e41212bafda4cdb17e02f213faae3bc2

推定エネルギー必要量 = 基礎代謝量  ×  身体活動レベル

基礎代謝量(kcal/日) = 基礎代謝基準値(kcal/kg/日) × 体重(kg)

基礎代謝基準値

年齢

18-29

30-49

50-69

24.0

22.3

21.5

23.6

21.7

20.7

身体活動レベル

低い(1.50)

普通(1.75)

高い(2.0)

座って一日の大半を過ごし静的な活動が中心

座位が中心だが、職場内での移動や立位での作業や接客、通勤、買い物、家事、軽いスポーツのいずれかを含んでいる

移動や立位の多い仕事をしているか、スポーツなど活動的な運動習慣をもっている

例)30代男性、70kg、身体活動レベル「普通」の場合

基礎代謝量22.3×70kg×身体活動レベル1.75=推定エネルギー必要量=2732kcal

-食事