食事

リズムを乱さない食事をとろう!体内時計では最終ディナーは21時!?

13 views 


shutterstock_146312891-640x395

体の中には様いろいろな時計が潜んでいます。

代表的なのは昼夜を示す体内時計。朝起きて夜眠るのはその時計が刻むリズムによるものです。そんな体内時計の中には、太らない体づくりと大きく関係するものもあります。

1つは消化を担う内臓の活動時計。これは各臓器の働きと照らし合わせれば、いつ何を食べるべきかが見えてきます。

例えば、肝臓による代謝のピークは12時前後ですから、ランチはしっかり食べてよいです。インスリンを分泌するすい臓は15時前後が活動のピークです。糖質を含むおやつを摂るならこの時間帯がベストです。

もう一つ注目してほしいのが、脂肪蓄積の司令塔BMAL1(ビーマルワン)が刻む体内時計です。BMAL1とは生活リズムを調整するたんぱく質の一種で、体脂肪の増加指令を担います。BMAL1が増加すると、脂肪の蓄積量が増加するという仕組みになっています。

そのBMAL1が急増するのが、21時以降、逆に少ないのが15時ごろです。

つまり、夜遅くの食事は太りやすく、午後のおやつは太りにくいということになります。3da3646c

お分かりになったと思いますが、2つの体内時計が示す太らないための食事の鉄則は2つ。

・深夜の食事はNG

・夕方のおやつは食べてもOK

これを活かせば、太らない食習慣が身につくはずです。

私たちの体には、効率よく活動するためのリズムが備わっています。そのリズムの意味を理解し、リズムを乱さない食事を摂れば、心地よく活動できる体を手に入れられます。

-食事