食事

夜遅いときのごはんの主役は大豆製品と野菜で決まり!!

15 views 


soup

夜ごはんを早めに食べた方がいいのは分かります。でも仕事の状況でなかなかそうもいかない日もあります。

そんなときはどうするか?これが太らない体づくりの大きな分かれ道になります。

21時以降の食事は太る。分ってはいるけれど、週に何日かはどうしても残業を逃れられない。空腹と心を満たすために缶ビール片手に揚げ物をほおばる・・。多少はいいだろうと思いがちですが、度重ねれば確実に脂肪は増えます。

内臓の活動時計をみると、肝臓は休息中、すい臓もそろそろお休み、脂肪蓄積の司令塔BMAL1は急増中です。

高脂肪食を摂るぐらいなら食べない方がいい時間帯です。とはいえ、何も食べないのはNGです。深夜には成長ホルモンが分泌され、体の組織の修復作業が行われます。

20160617131620

このときに必要なのがたんぱく質です。

食事を抜いてたんぱく質が不足した状態だと、修復作業は不完全なままで終わってしまいます。

その結果、肌が荒れ、髪のつやがなくなったり筋肉が細ったり、疲れが取れないなんてことも起きます。

これではダイエットどころか翌日の仕事に支障をきたしてしまいます。

そんなときは、大豆食品と野菜を上手に使いましょう。大豆食品はたんぱく質が豊富で脂質が少なく、消化吸収がいい。野菜もしかり、体に必要なビタミン、ミネラルを含み、便通を促すための食物繊維も豊富です。

この2つの食材を活用して夜遅い食事を乗り切りましょう。そうすれば脂肪を蓄えることなく快適な体を維持していけるはずです。

-食事