健康管理

見ないと危ない!パッケージの裏に潜む驚きの原材料が・・!

19 views 


youto1-01

leaf

どんな食品もパッケージの裏に原材料表が記載されていますよね。その表で一番最初に書かれてあるものが、何を表しているか知っていますか?

JAS法に基づく加工食品品質表示基準により、原材料表の大原則として、一番使用しているものが多い順番に全て表示することになっているのです。

しかも食品添加物もすべて表示しなければなりません。それに注意して原材料表を見てみると、驚くようなことになるかもしれません。

例えば、蕎麦を例にとりましょう。スーパーで購入する乾めんの蕎麦の原材料表にはほとんどが、最初に小麦粉と記載してあると思います。蕎麦だと思って食べていたものは実は限りなくうどんに近いものだった、なんてことになります。

nunokiji

実は乾めんの蕎麦は少しでもそば粉が入っていれば、蕎麦として表示していいことになっています(生蕎麦は3割以上のそば粉が必要です)。極端な話し、小麦粉99%、そば粉1%でも蕎麦なのです。

それでは、蕎麦のもつ抗酸化作用や免疫向上などの効果はあまり期待できなくなってしまいます。

 

そして普段飲んでいるカフェオレは、最初に砂糖が記載されているものがほとんどです。スイーツの場合でも、マーガリンやショートニングなどトランス脂肪酸系の油脂がほとんどということも。

蕎麦、カフェオレ、スイーツは1つの例ですが、あまり食品の裏の原材料表を見ない人も多いのではないでしょうか。

いつも口にしている食べ物なので何が使われているのかをいつも気にして関心をもって購入してみてくださいね。

-健康管理
-