健康管理

体内酵素の力と働き、その種類とは?

9 views 


kouso

leaf

成功するダイエットのためには食べないでカロリーを抑えるより、食べた分のエネルギーを代謝してくれる栄養を食べることの方が大切です。

その栄養は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸です。これらの栄養素を十分の補給しなければ、エネルギーはうまく代謝されずに脂肪を燃やすことはできません。

ビタミン・ミネラル・アミノ酸を補給するといっても、ただ補給しただけでは体はこの栄養素を消化・吸収できません。

この栄養素を消化・吸収するには「酵素の力」が必要になります。

酵素とは何か?

簡単に説明すると、人間や動物、肉や魚やありとあらゆる食べ物に含まれています。その中でも私たちの体の中で作られている酵素のことを「体内酵素」といいます。体内酵素を大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」の2つに分類されます。

「消化酵素」は食べたものを分解して、体が栄養素を吸収しやすいように消化するためのもの。ごはんを食べればアミラーゼという消化酵素がごはんに含まれるデンプンを分解して消化してくれるし、たんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどの酵素がその代表です。

そしてもうひとつの「代謝酵素」ですが、私たちの体の中のすべても器官や組織は、この「代謝酵素」の働きによって成り立っています。代謝酵素はエネルギーをつくる、カロリーを燃やす働きだけでなく、病気やケガ、老化を防ぐ免疫力や自然治癒力、思考など、すべての生命維持活動を行う酵素なのです。

kouso_person

ひとつの酵素はひとつの働きしかしません。これが酵素の大原則です。

よって、あなたの体内には、それこそ何千という種類の「酵素」が存在しているのです。

まさに、酵素の力があなたの体を支えているのです。

-健康管理
-