健康管理

野菜が不足したときの強い味方!野菜ジュースの驚くべき栄養!!

17 views 


vegitablejuice

leaf

にんじんに含まれるβカロテンには、がんや動脈硬化を予防する抗酸化作用があることをご存知でしょうか。

にんじんに限らず野菜には健康のための効果効能がふんだんに摂れるため、野菜の栄養が簡単に摂れる野菜ジュースが親しまれていますね。

しかし、「ジュースにしたら栄養素が少なるのでは?」と思っているあなた、実はそうでもないのです。旬な野菜を新鮮なうちに空気を遮断して閉じ込めてしまう缶詰は、一回に摂る量を考えた場合、生の野菜より栄養価が高いのです。

にんじんのように比較的品質が保たれている野菜はそれほど変わらないようですが、季節によって味の変化が大きい野菜は、むしろジュースの方が栄養価が高いという結果も出ています。

例えば、トマトジュース。生のトマトをミキサーにかけてもあんなに濃い赤色にはなりません。トマトジュースはジュース用に栽培された色も味も濃いトマトを真っ赤に完熟させて絞っているので、栄養価も高く、とくにビタミンAは生のトマトを上回ります。

トマトはにんじんやほうれん草に比べてβカロテンが少ないといえますが、注目したいのは、あの赤い色。トマトの色素はリコピンといって、βカロテンの仲間ですが、体内でビタミンAに変わることはありません。ただし抗酸化作用はβカロテンより強いのです。

さすがにジュースにすると、ビタミンCは生のままのトマトより少ないですが、鉄分やカリウム、ビタミンB群などは、トマトジュースのほうが多いくらいなのです。

tomatojuice

夏に出回るような、木で完熟させた真っ赤なトマトには負けるとしても、青いうちに収穫して貯蔵庫で赤くなるまで待ってから出荷したような冬場のトマトに比べれば、栄養価は高く、抗酸化作用も高いのです。

ただ、だからといって野菜を食べなくてジュースだけでいいというわけではありません。野菜を噛むことによって食欲中枢を満足させて食べ過ぎを防いだり、胃や腸の働きを活発にして便秘を防いだり、あるいは筋や繊維をかみ砕くことで歯をキレイにする効果もあります。

 

野菜ジュースを飲んだから野菜を食べなくていいというわけではなく、野菜が足りないときのピンチヒッター、あるいは体調を改善したいときの栄養強化や補充役として利用するのがよりふさわしい方法です。

-健康管理
-