健康管理

緑黄色野菜と淡色野菜の違いは?バランスよく食べるのが大事!

143 views 


vegetables

leaf

野菜は、緑黄色野菜と淡色野菜に分けられます。緑黄色野菜は原則、100gあたりのβカロテンが600μg以上の野菜と、厚生労働省によって決められています。

ただし、例外的にトマトやピーマンはβカロテンが600μg以下ですが、一度に食べる量が多く、使用回数も多いため、緑黄色野菜に分類されます。

ビタミンやミネラルなども大半の栄養素は緑黄色野菜のほうが多く、しかも色素成分に含まれる抗酸化作用を考えると、栄養価は圧倒的に緑黄色野菜のほうが優位です。

食物繊維にしても、根菜のごぼうとれんこんが多いだけ。レタスやきゅうりはもちろん、キャベツ、だいこん、かぶの食物繊維はごくわずか。ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜のほうがずっとたくさん摂れます。

normal12

しかし、近年では淡色野菜に含まれる栄養成分に白血球の働きを高める効果があると言われ、注目されてきています。キャベツやなす、だいこんなどに白血球の働きを活性化させる効果があり、栄養成分が豊富に含まれているという研究結果が出ているのです。

それに、淡色野菜は種類の豊富さがひとつのメリットです。毎日、種類の少ない緑黄色野菜ばっかりを食べるのは、現実的に無理があります。

それぞれの栄養成分を効果的に摂取するためにも、特徴に適した調理方法が必要です。

緑黄色野菜は熱に強いビタミンAを含むものが多く、加熱して摂るのがお勧めですが、ビタミンCや食物繊維を多く含む淡色野菜は生で食べられるものが多いので、加熱するよりも生で食べるのが効果的に栄養成分を摂取することができます。

緑黄色野菜も淡色野菜も体に必要な栄養成分を含み、健康や美容に効果があると言われている野菜です。どちらもバランスよく食べることをお勧めします。

-健康管理
-,