健康管理

若々しさをなくす原因は「貧血」にあり!!

24 views 


imasia_8062367_m-002

leaf

貧血と聞いて一番最初に思いつくのは、「立ちくらみ」ではないでしょうか。

座って作業していて急に立ち上がると、クラッとして、頭真っ白、気分も悪くなって、「これって貧血!?」と思ってしまいますよね。

しかしこれは「立ちくらみ」です。

貧血と立ちくらみは違う?

「立ちくらみ」は脳貧血と呼ばれ、貧血とは実は関係ないのです。医学的には「起立性低血圧」という病気で貧血とは呼ばないものなのです。

貧血と呼ばれるものの大半は「鉄欠乏性貧血」です。割合としては男性より女性のほうが貧血になりやすいです。女性は月経によって定期的に血液が失われるために血液の量そのものが不足しやすいうえ、無理なダイエットや偏食によって鉄の摂取量が不足することが大きな原因と言われています。

貧血の恐ろしいところとは?

血液の量が不足すると、骨髄は血球を製造しようとフル稼働します。鉄がなければヘモグロビンが合成できず、赤血球がつくれないため、薄い血になってしまいます。

そうなると、酸素が体内に行き渡らないために、体のあちこちが酸欠状態になり、動悸や息切れ、めまい、全身の倦怠感といった症状が現れます。また、貧血の特徴は顔色が悪いこと。赤身のない青白い顔色から、放っておくと黄色味を帯びてきて、下まぶたが白くなります。

表情も疲れ切って生気がなく、日常生活に支障をきたすようになります。

鉄欠乏性貧血は女性に比較的多い症状なので、かなりひどくても平気でいる人が少なくありません。しかし、もっとひどくなると嘔吐や下痢、むくみや発熱などの症状が出て、心臓肥大が進み、最終的には心不全から昏睡状態に至ります。

軽症だとしても、慢性的酸欠状態が体にいいわけがありません。

kentetsu

体調がいつも悪く、細胞の新陳代謝も滞るので、皮膚や髪など、新陳代謝が活発な部分に老化現象が現れてきて、若々しさが失われてしまいます。

また、妊娠中に貧血の状態が続くと、お腹の中の赤ちゃんまで、鉄が不足して成長が遅れたり、出産のときの出血量が多くなって、母子ともに危険になる可能性もあることを知っておいてください。

なお、鉄欠乏性貧血は、月経による出血量が多いことによってもおこりますが、その場合は病的な原因が考えられますので、一度検査を受けた方がよいでしょう。

rever

貧血の治療は食事が基本

鉄欠乏性貧血の治療は食事が基本です。医師に鉄剤を処方してもらう場合でも、食事がきちんとしていなければ意味がありません。鉄を豊富に含む食品を積極的にとりましょう。卵や肉、魚、レバーなどの動物性食品は鉄を豊富に含む貧血の特効薬です。

鉄だけでなく、ビタミンB6やB12、葉酸も必要です。これらビタミンB群は青魚や緑黄色野菜に豊富に含まれています。

このように鉄欠乏性貧血を治すにはさまざまな栄養素が必要ですが、普通にバランスよく食べていれば、無理なく摂れる栄養素ばかりです。

ただ、極端な低エネルギー食にすると、バランスはよくても量の不足から、貧血になっていることが少なくありません。

そうした人は体重を増やすことで改善されます。極端なダイエットは、自らを酸欠状態に追いやるようなものです。

まとめ

鉄欠乏性貧血は鉄分を摂取していけば改善されます。しかし、様々な栄養を摂りいれることで、その他の病気にもなりにくくなります。できるだけ薬に頼るのではなく、バランスのよい食事を摂って改善していってほしいですね。

健康な体にこそ若々しさと美しさが宿るということをよく考えて、食生活を見直しましょう。

-健康管理
-,